成功のカギは対応力! 西東京市の物件が豊富な不動産会社ガイド » 西東京市で不動産を購入する前に知っておきたい基礎知識

西東京市で不動産を購入する前に知っておきたい基礎知識

西東京市で不動産購入を考えていませんか?不動産屋に行く前に、知っておいた方がいい基礎知識をご紹介していきます。

「分譲」「仲介」「賃貸」の違いについて

「分譲」とは、区分けされた土地を販売することを指す言葉です。

分譲住宅は「土地付き一戸建て」という意味。購入すれば同時にその土地の所有件も得られ、の権限内で土地を自由に使用することができます。

「仲介」とは、売主と買主の間に不動産会社が立ち、契約を取り持つこと。手数料が生じることが一番の特徴です。成立したら、売主と買主ともに不動産会社に対し手数料を支払う必要があります。

「賃貸」とは、物件を貸し出すこと。賃料が発生します。「借り物」なので、家賃滞納が長期になったら契約違反がみられたりする場合は、退去を命じられることもあります。

不動産購入の前に!住宅ローンの種類を知ろう

住宅ローンは大きく分けて3種類。「民間融資」と「公的融資」、「協調融資」です。民間融資は銀行や信用組合などの民間企業、公的融資は主に日本政策金融公庫や地方自治体などの公的機関、協調融資は公的機関と民間の金融機関が連携して行う融資です。

また、金利においては3つに分かれます。金利が返済の開始から終了までずっと同じままの「全期間固定金利型」、その時々の金利変動の影響を受けて金利が変わる「変動金利型」、一定期間のみ固定金利になる「固定金利期間選択型」。

それぞれの特徴を知り、自分に合った住宅ローンを見極める必要があります。

不動産購入に必要な手続き

また、金利においては3つに分かれます。金利が返済の開始から終了までずっと同じままの「全期間固定金利型」、その時々の金利変動の影響を受けて金利が変わる「変動金利型」、一定期間のみ固定金利になる「固定金利期間選択型」。

不動産購入の大まかな流れとしては、「購入申し込み」「売買契約」「引き渡し」となります。

購入申し込みでは、申込書を提出するのと並行して住宅ローンの事前審査が必要です。そして提示された「重要事項説明書」を確認。納得すれば売買契約を結びます。同時に住宅ローンの申し込みを行い、物件代金の支払いが終われば、引き渡しとなります。

手続きには、それぞれ用意すべきものやチェックすべき事柄が数多くあり、混乱してしまうことも。のちにトラブルにならないよう、一連の流れを把握しておくことをおすすめします。

不動産購入にまつわるトラブル事例

土地および物件を購入する際、運悪くトラブルに見舞われることがあります。

例えば、「物件を契約したものの転勤となり、契約を解除しようとしたら違約金を求められた」。こういったケースでは、契約の「履行の着手」を行ったかどうかが問題点となります。

不動産に関するトラブルとしては、「資材等の発注ミスが原因で、住宅の引き渡しが遅れた」「物件の引き渡し前に不動産会社が倒産した」など。保証書等の書類をしっかり保管しておくことが、損害を最小限に抑えるポイントとなります。

売買・管理・仲介に対応している 西東京市の物件が豊富な不動産会社4選
地域に根付く会社で
物件を購入したいなら
マイタウン
西武
西東京市の物件数
売買物件:113件
マイタウン西武

物件を詳しく見る

マイタウン西武に電話をする

ネットワークのある会社で
物件を購入したいなら
センチュリー21
アークレスト
西東京市の物件数
売買物件:64件
センチュリー21
アークレストの
物件を詳しく見る

センチュリー21 アークレストに電話をする

グループ展開する会社で
物件を借りたいなら
アエラスひばりヶ丘店
アエラス.ER
西東京市の物件数
賃貸物件:559件
アエラスひばりヶ丘店
アエラス.ERの
物件を詳しく見る

アエラスひばりヶ丘店 アエラス.ERに電話をする

西武線に強い会社で
物件を借りたいなら
ハウステーション
保谷
西東京市の物件数
賃貸物件:507件
ハウステーション保谷

物件を詳しく見る

ハウステーション保谷に電話をする

ここでは、西東京市の物件を扱い、不動産事業内容が売買・仲介・管理に対応していて、Google口コミの母数が20件以上あり、口コミ評価が高かった4社を紹介します。(2021年4月15日時点での情報)