成功のカギは対応力!西東京市の不動産会社ガイド » 西東京市で不動産を購入する前に知っておきたい基礎知識

西東京市で不動産を購入する前に知っておきたい基礎知識

公開日:|更新日:

西東京市で不動産購入を考えていませんか?不動産屋に行く前に、知っておいた方がいい基礎知識をご紹介していきます。

「分譲」「仲介」「賃貸」の違いについて

「分譲」とは、区分けされた土地を販売することを指す言葉です。

分譲住宅は「土地付き一戸建て」という意味。購入すれば同時にその土地の所有件も得られ、の権限内で土地を自由に使用することができます。

「仲介」とは、売主と買主の間に不動産会社が立ち、契約を取り持つこと。手数料が生じることが一番の特徴です。成立したら、売主と買主ともに不動産会社に対し手数料を支払う必要があります。

「賃貸」とは、物件を貸し出すこと。賃料が発生します。「借り物」なので、家賃滞納が長期になったら契約違反がみられたりする場合は、退去を命じられることもあります。

不動産購入の前に!住宅ローンの種類を知ろう

住宅ローンは大きく分けて3種類。「民間融資」と「公的融資」、「協調融資」です。民間融資は銀行や信用組合などの民間企業、公的融資は主に日本政策金融公庫や地方自治体などの公的機関、協調融資は公的機関と民間の金融機関が連携して行う融資です。

また、金利においては3つに分かれます。金利が返済の開始から終了までずっと同じままの「全期間固定金利型」、その時々の金利変動の影響を受けて金利が変わる「変動金利型」、一定期間のみ固定金利になる「固定金利期間選択型」。

それぞれの特徴を知り、自分に合った住宅ローンを見極める必要があります。

不動産購入に必要な手続き

また、金利においては3つに分かれます。金利が返済の開始から終了までずっと同じままの「全期間固定金利型」、その時々の金利変動の影響を受けて金利が変わる「変動金利型」、一定期間のみ固定金利になる「固定金利期間選択型」。

不動産購入の大まかな流れとしては、「購入申し込み」「売買契約」「引き渡し」となります。

購入申し込みでは、申込書を提出するのと並行して住宅ローンの事前審査が必要です。そして提示された「重要事項説明書」を確認。納得すれば売買契約を結びます。同時に住宅ローンの申し込みを行い、物件代金の支払いが終われば、引き渡しとなります。

手続きには、それぞれ用意すべきものやチェックすべき事柄が数多くあり、混乱してしまうことも。のちにトラブルにならないよう、一連の流れを把握しておくことをおすすめします。

不動産購入にまつわるトラブル事例

土地および物件を購入する際、運悪くトラブルに見舞われることがあります。

例えば、「物件を契約したものの転勤となり、契約を解除しようとしたら違約金を求められた」。こういったケースでは、契約の「履行の着手」を行ったかどうかが問題点となります。

不動産に関するトラブルとしては、「資材等の発注ミスが原因で、住宅の引き渡しが遅れた」「物件の引き渡し前に不動産会社が倒産した」など。保証書等の書類をしっかり保管しておくことが、損害を最小限に抑えるポイントとなります。

西東京市の防災

西東京市のハザードマップを見ると、水害情報がわかります。西東京市のハザードマップは「石神井川及び白子川流域浸水予想区域図(令和元年5月改定)」や「黒目川、落合川、柳瀬川、空堀川及び奈良橋川流域浸水予想区域図(令和元年12月改定)」をもとに作成されています。

地震のリスクについては、西東京市のホームページで地域危険度が公開されているので参考にするとよいでしょう。

西東京市では、災害が起きた際の避難場所も定められています。広域避難場所や避難広場などが公開されていますので、確認しておくと安心です。

西東京市で利用できる補助金とは?

西東京市では、不動産購入時に利用できる補助金はありません。しかし、太陽光発電など住宅設備の設置に利用できる補助金は用意されているので、確認しておきましょう。

住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業は、初期費用なしで太陽光発電を設置できるサービスを提供する事業者に対して、設置費用の一部を助成する事業です。事業者の負担を軽減し、手軽に太陽光発電を設置できます。

住宅の省エネ改修を行う際には、固定資産税が減額になる制度が利用できます。申請期間や詳しい条件については、西東京市のホームページで確認してください。

不動産購入時に気を付けること

不動産を購入する際は、慎重にすすめなければなりません。リスクや契約内容をしっかり理解しておかないと、不動産の購入後に後悔することもあります。

不動産購入時には、押さえておきたい注意点がいくつかあります。

とくに注意したいのが「資金計画」「災害リスク」「契約に関すること」です。この3つのポイントを押さえておけば、不動産購入時のリスクや後悔を小さくとどめることができるでしょう。

不動産購入する時は業者の選び方が大事

不動産を購入する際には、不動産の価格や状態だけでなく、その物件を取り扱っている業者や担当者についても、信頼できそうかどうかを確認しておくことが重要です。

業者の実績を確認するには、公式HPを見てみるのがおすすめ。HPの情報が豊富な業者なら、それだけの実績があると判断できます。また、掲載してある物件情報が随時更新されているかどうかも確認しましょう。

ほかにも、アフターサービスの充実や営業担当者との相性などを総合的に判断して、自分に合った業者を見つけるようにするのがおすすめです。

マンションと一戸建てに住むのならどっちが良い?

住宅購入の際に多くの人が「マンションと戸建てはどっちが良いの?」と悩むはずです。マンションと戸建てにはそれぞれに異なる特徴とメリット・デメリットがあるので、一概にどちらが良いとは言えません。

そのため、どちらを選ぶか迷った時には、「何を優先するか」を判断材料にするのがおすすめです。以下のページでは、マンションと戸建ての特徴やメリット・デメリットをまとめています。防災性やネット費用の違いも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

家を買う時期はいつが良い?

家を買いたいと考えている人の中には、「せっかく購入するのであれば最適なタイミングで購入したい」と思っている方もいるでしょう。住宅購入のタイミングには、結婚や出産、子どもの進学などが挙げられます。どれも生活スタイルが変わる時期のため、家を買うのにぴったりなタイミングです。

また、既に家を買った人の場合は、給与が上がったり金銭的に余裕が生まれたタイミングでの購入がぴったりでしょう。もちろん、それぞれに注意点が存在するので、しっかりと確認しておくのが重要です。

不動産を購入する際に知っておきたい減税制度

家は一生に一度の買い物と言われるほど、高額な費用が必要です。購入者の負担を軽減する措置として、さまざまな減税制度が設けられています。ただ、減税制度の多くが、自分で手続きをしないと適用されません。知らないままだと数十万、数百万円を損してしまう可能性があるため、不動産を購入する前に減税制度についてしっかりと押さえておきましょう。

住宅ローン減税をはじめとした、知っておきたい7つの減税制度を紹介。それぞれの制度の概要や主な要件、軽減額などをまとめているため、参考にしてください。

不動産購入申込書とは?提出のタイミングや役割を解説

不動産購入申込書は、買主が売主に対して「物件を購入したい」という意志を明記した書類で、「買付証明書」や「買付申込書」と呼ばれることもあります。

不動産購入申込書を提出するタイミングは購入申込書を提出する前です。なぜなら、優先的に購入できると、売主にアピールできるからです。

申込書に記載する内容は買主の情報や購入希望条件、購入希望金額、手付金、売買契約締結希望日となっています。ほかにも売主に伝えたいことがあれば書類に記載します。

不動産・住宅購入にかかる諸経費や内訳を解説

住宅を購入するときに住宅の代金とは別に諸経費が・経費がかかります。不動産購入にかかる諸経費は仲介手数料、住宅ローン手数料、登記費用、手付金、火災保険・地震保険料です。

頭金なしで契約できる住宅ローンもありますが、住宅ローンを組む際には頭金も考えておきましょう。

住宅を購入する際にかかる諸経費の相場は不動産購入価格の7~10%、これに頭金15~20%が加わることになります。

不動産購入にかかる仲介手数料はいくら?料金相場などを解説

不動産を購入する際に仲介をお願いした不動産屋に支払う仲介手数料の相場は、とくにありません。新築・中古に関係なく不動産の宅地建物取引業法で定められた上限額の範囲内で決まり、「範囲内」であれば不動産会社の判断や不動産会社との交渉次第で上限額より低い金額になる可能性もあります。

支払方法は一括またはニ分割で、現金払いのほかに銀行振込、スマートフォン決済に対応している業者もあります。

親族や知人から直接不動産を購入した場合は、不動産会社が関与していませんので仲介手数料は発生しません。

不動産購入にかかる仲介手数料はいくら?料金相場などを解説

不動産を購入する際に仲介をお願いした不動産屋に支払う仲介手数料の相場は、とくにありません。新築・中古に関係なく不動産の宅地建物取引業法で定められた上限額の範囲内で決まり、「範囲内」であれば不動産会社の判断や不動産会社との交渉次第で上限額より低い金額になる可能性もあります。

支払方法は一括またはニ分割で、現金払いのほかに銀行振込、スマートフォン決済に対応している業者もあります。

親族や知人から直接不動産を購入した場合は、不動産会社が関与していませんので仲介手数料は発生しません。

不動産購入のメリット・デメリット

不動産購入のメリットは世帯の資産になる、ローン返済後は住宅費を抑えられる、社会的信用度が高まることです。

デメリットは長年にわたり住宅ローンを返済し続けなければいけない、 住宅ローン以外のさまざまな費用がかかる、簡単には引っ越しできないことです。

新築住宅や中古住宅、マンションのメリットとデメリットも解説しています。それぞれのメリットとデメリットを見比べて不動産会社と相談をしながら自分に合った購入方法を選択しましょう。

現金一括で不動産を購入するメリット

住宅を購入する場合ローンを組むと、借り入れた元本の返済や利子、融資手数料などの様々なコストがかかります。現金一括で購入するとコストは抑えられるため支払総額も大幅に減ることになりますが、メリットだけを信用してよいものでしょうか。注意すべきポイントについても解説しています。

メリットは、住宅ローンの利子に相当する出費がゼロになる、住宅ローンの契約に関する諸経費がかからない、購入手続きの手間が省けることです。

注意すべきポイントは住宅ローン控除を利用できない、すまい給付金の利用条件が厳しくなる、火災保険の加入を失念する恐れがある、預貯金が減ることです。

不動産のオープンハウス(現地販売会)とは?

オープンハウスとは売出中の物件を自由に内覧できるイベントです。では、オープンハウスとモデルハウス、住宅展示会のちがいは?

モデルハウスは販売予定の住宅をイメージした「宣伝用住宅」で、住宅展示会は多くの不動産会社等の宣伝用住宅(モデルハウス)がまとめて建設されている「場所」です。

オープンハウスへ見学に行く際は、建物やアクセス、環境をチェックしてください。予約不要で見学できるのが オープンハウスの良い点です。気になる物件があれば思い切って出掛けてみましょう。

分譲住宅のメリットと建売・注文住宅とのちがいを解説

分譲住宅とは、不動産会社が所有している土地を区分けして、土地とセットで販売するために建てる住宅です。 メリットは実際に物件の外観や内観、間取り、設備、住宅性能などを確認した上で購入するかどうかを決めることができるということです。

建売住宅とは、不動産会社が土地とセットで販売するために空いている土地へ建てる住宅です。早く土地を売りたいと考えているケースもあり、土地所有者との間で値引き交渉しやすい傾向にあります。

注文住宅は施主が土地を購入して、ハウスメーカーや工務店などに発注、一から建ててもらう住宅を指します。 施主の好みや家族構成、ライフスタイルに合わせて設計やデザイン、設備、性能などを選択できるのが良いところです。

西東京市でスタッフへの
好意的な口コミが多い
不動産会社
2選をチェックする